講義名 日本経済論 ≪◇学部≫
講義開講時期 通年
曜日・時限 火2
単位数 4

担当教員
氏名
佐久間 隆

学習目標(到達目標) 1.現代日本経済が直面している課題について、高齢化、人口減少、グローバル化などの背景とともに対応策を経済学的視点から説明できる。

2.日本における企業のあり方について、異なる企業観を踏まえて説明できる。

3.日本における経済成長と生産性の動向を経済理論とデータに基づいて分析することができる。

4.以上に基づいて、日本企業の経営戦略や日本政府の経済政策を適切に評価することができる。
授業概要(教育目的) 本講義では、生産側に重点を置いて日本経済に検討を加えます。まず、生産の主要な担い手である企業を対象として、日本における企業のあり方について考察します。つぎに、GDP統計の基礎知識について解説した上で、戦後日本の経済成長に関する基本的事実について3つの期間に分けて説明します。さらに、成長理論と成長会計について丁寧に説明してからマクロ経済や産業・企業のデータを使用した生産側に関する分析の実例を提示します。特に、内生的成長理論を踏まえ企業行動に焦点を当てます。最後に、生産性を高める観点から政府の役割について考察を加えます。
授業計画表
 
項目内容
第1回ガイダンスシラバス等を配布して講義の進め方と評価方法について説明します。
本講義では、特に会社(企業)に焦点を当てますが、それがなぜなのかを解説します。
[準備学習]
シラバスとテキストの序章を予め読んでおくこと。
第2回会社とはなにか市場経済一般における法人・会社の起源、会社の特徴と諸形態をみたあとで、日本における会社の発展と現状について議論します。
[準備学習]
テキストの第1章を予め読んでおくこと。
第3回会社はだれのものか企業の所有に関して2つの企業観を紹介した上で、東京スタイルと村上ファンドの対立という実例を通して、この2つの企業観を対比して考察します。
[準備学習]
テキストの第2章を予め読んでおくこと。
第4回日本的経営(1)日本的経営システムの基本的構成要素である終身雇用、年功序列、企業内組合が高度経済成長期に持っていた経済合理性とバブル崩壊後に変革を迫られている状況について議論します。
[準備学習]
テキストの第3章1を予め読んでおくこと。
第5回日本的経営(2)前回に続き、株式の持ち合い、現場主義、メインバンクシステムについて議論し、まとめとして日本的経営システムの評価を試みます。
[準備学習]
テキストの第3章2~5を予め読んでおくこと。
第6回企業統治経営者の規律付けの仕組みとしての企業統治が働きにくいことが日本的経営の弱点であることをみた上で、いくつかの問題例をケーススターディとして取り上げます。
[準備学習]
テキストの第4章を予め読んでおくこと。
第7回日本企業の収益構造(1)近年、日本企業の株式保有構造や資本構造に生じている変化についてみていきます。
[準備学習]
テキストの第5章1~2を予め読んでおくこと。
第8回日本企業の収益構造(2)国際的にみて日本企業の収益率が低いことを踏まえて、それが何を意味するのか、また、日本企業と英米企業の経営の間にみられる二極化傾向について議論します。これまでの授業内容を踏まえて、日本の上場企業3社の経営を比較するレポートの課題について説明します。
[準備学習]
テキストの第5章3~4を予め読んでおくこと。
第9回マクロ経済の統計‐GDP(1)マクロ経済の基本的統計であるGDP統計の概要について解説します。
[準備学習]
テキストの第7章1を予め読んでおくこと。
第10回マクロ経済の統計‐GDP(2)GDP統計を用いて支出・生産・分配の三面から日本経済の特徴について学習したのち、GDPが大きいことが必ずしも経済厚生が高いことを意味しないことについて議論します。
[準備学習]
テキストの第7章2、コラムを予め読んでおくこと。
第11回戦後日本の経済成長(1)戦後の混乱期から高度経済成長期までを振り返ります。高い成長率が実現したり、日本型の経営システムが成立したりした背景を概観します。
[準備学習]
テキストの第14章を予め読んでおくこと。
第12回戦後日本の経済成長(2)石油ショックと高度経済成長の終了、バブルの発生とその後の低迷から現在にいたる日本経済の状況について振り返ります。
[準備学習]
テキストの第15章を予め読んでおくこと。
第13回現代日本経済の諸課題Ⅰ長い間、低い経済成長率が続いている状況をみた上で、そこから抜け出す必要について考えます。11~13回の授業内容を踏まえた夏休み明けに提出するレポートの課題について説明します。
[準備学習]
テキストの第12章1を予め読んでおくこと。
第14回理解度の確認これまでの要点のまとめ
第15回中間まとめまとめ
第16回景気循環(1)景気循環とその要因を考察したあと、1990年代、2000年代の日本の景気循環の特徴、景気動向指数について学習します。
[準備学習]
テキストの第8章1~3を予め読んでおくこと。
第17回景気循環(2)景気循環の下で、物価と失業がどのような関係を示しつつ変動するか学習します。
[準備学習]
テキストの第8章4を予め読んでおくこと。
第18回経済成長の諸要因(1)長年にわたる経済成長が人々の経済的豊かさをいかに高めるかをみます。
[準備学習]
テキストの第9章1を予め読んでおくこと。
第19回経済成長の諸要因(2)経済成長を労働と資本という生産要素の投入で説明するソロー型成長モデルの基本的な枠組みを解説します。
[準備学習]
テキストの第9章2を予め読んでおくこと。
第20回経済成長の諸要因(3)経済成長の要因を分解して全要素生産性(TFP)を求めるための成長会計の方法について学習します。
[準備学習]
テキストの第9章3を予め読んでおくこと。
第21回生産性の規定要因(1)全要素生産性計測(TFP)が技術進歩以外の要因からも影響を受けるという計測上の問題があることに留意しながら、産業別に成長会計を適用した結果に基づいて日本の産業のどこに主な課題があるか議論します。
[準備学習]
テキストの第10章1~2を予め読んでおくこと。
第22回生産性の規定要因(2)内生的成長論の立場から生産性上昇に研究開発が果たす役割の重要性について学習します。
[準備学習]
テキストの第10章3を予め読んでおくこと。
第23回経済成長と政府の役割(1)この回を含め第25回までの3回を通して、政府が果たす市場環境の整備による経済成長促進の役割について考えます。まず、金融の発展が経済成長を高める可能性について議論します。
[準備学習]
テキストの第13章1~2を予め読んでおくこと。
第24回経済成長と政府の役割(2)輸出入や直接投資を通ずる経済の国際化が生産性を高める可能性について議論します。
[準備学習]
テキストの第13章3を予め読んでおくこと。
第25回経済成長と政府の役割(3)競争の状況が企業の生産性向上努力に与える影響について議論します。
[準備学習]
テキストの第13章4を予め読んでおくこと。
第26回現代日本経済の諸課題Ⅱ-(1)少子高齢化が進む状況とそれが経済に与える影響を社会保障制度をめぐる課題について考察します。
[準備学習]
テキストの第12章2を予め読んでおくこと。
第27回現代日本経済の諸課題Ⅱ-(2)政府の財政状況が悪化している状況をみた上で、財政の持続可能性と経済成長の関係について考察します。
[準備学習]
テキストの第12章3を予め読んでおくこと。
第28回成長の制約持続可能な発展、資源とエネルギー問題、地球環境問題等について議論します。
[準備学習]
テキストの第11章を予め読んでおくこと。
第29回理解度の確認16回以降の要点のまとめ
第30回まとめ16回以降の要点まとめ
授業形式 講義形式ですが、プロジェクターでパワーポイントを表示しながら解説する形で授業を進めます。パワーポイントは事前にEcoLinkにアップしますのでノート作成に活用してください。必要に応じて板書で補います。
評価方法
定期試験 レポート 小テスト 講義態度
(出席)
その他 合計
60% 30% 0% 10% 0% 100%
評価の特記事項 出席はEcoLinkでとります。レポートは、1回目20%、2回目10%とウェイトが小さくないので必ず両方とも提出すること。定期試験は持込不可です。
テキスト 稲葉陽二・乾友彦・伊ケ崎大理著『日本経済論』弘文堂,2376円.
参考文献 古沢泰治・塩路悦朗著『ベーシック経済学:次につながる基礎固め』有斐閣アルマ
梅田雅信・宇都宮浄人著『経済統計の活用と論点(第3版)』東洋経済新報社
オフィスアワー(授業相談) 金曜日の15:00~16:00、研究室で質問や相談などを受け付けます。事前にメールでアポイントをとるか、授業の際に直接申し出てください。3名までなら連れ立っての来訪OKです。研究室の場所とメールアドレスはガイダンス時に伝えます。
事前学習の内容など,学生へのメッセージ 授業計画で各回ごとに示したテキストの該当箇所を予め読んでおいてください。授業の進め方は、テキストの章立ての順序通りではありません。なお、第6章と第16章は省きます。

様々な経済学や経済統計の知識を使って具体の経済を分析する応用力が身に付くので、就職活動の際に企業をみる目を養ったり、社会に出てからの調査力や企画力の下地を形成することになると思っています。