ニチケイの歩み

日本大学は、1889年(明治22年)に山田顕義によって日本法律学校として設立されました。経済学部は「日本大学」と改称された翌年、190年に「商科」として創設。昭和に入って「商経学部」に改組、その後「経済学部」に分離改称されました。以来、建学の精神の下で歩みを重ね、国内有数の教育機関として今日に至っています。

1889年(明治22年) 日本法律学校創立
1903年(明治36年) 日本大学と改称
1904年(明治37年) 大学部に商科設置
1905年(明治38年) 大学部商科授業開始
1920年(大正9年) 大学令による日本大学設立認可、商学部商科
1924年(大正13年) 商学部に経済学科設置
1934年(昭和9年) 商学部を商経学部と改称
1944年(昭和19年) 商経学部を経済学部と改称
1949年(昭和24年) 新学制による日本大学設置、経済学部経済学科・経営学科
1951年(昭和26年) 大学院経済学研究科修士課程設置(経済学専攻)
1952年(昭和27年) 経営学科を商業学科と改称
1953年(昭和28年) 大学院経済学研究科博士課程設置(金融経済学専攻)
1957年(昭和32年) 商業学科が商学部商業学科として独立
1963年(昭和38年) 商学部が砧校舎へ分離独立
1964年(昭和39年) 産業経営学科設置
1976年(昭和51年) 大学院経済学研究科博士課程(金融経済学専攻)廃止
大学院経済学研究科博士課程(経済学専攻)設置
1989年(平成元年) 経済学科国際コース開設
2002年(平成14年) 新校舎7号館完成
2004年(平成16年) 100周年
2010年(平成22年) 金融公共経済学科設置
2017年(平成29年) 新校舎3号館完成