産業経営学科

産業経営学科で学ぶこと

産業経営学科では、「産業・企業論」「経営学」「会計学」「商学」の4部門を柱に、産業の実態、企業の戦略・組織・行動を理解します。さらに、今、現実に動いているビジネスをさまざまな角度から把握し、将来の在り方を考察。IT社会において必須の情報処理スキルを身に付けられるほか、企業の基幹業務である会計・人事などを学ぶことで、企業人としてのセンスを磨きます。
→産業経営学科の授業

産業経営学科のカリキュラム

1年次に「経済理論」「経営学」などの基礎を理解した上で、2年次以降は4つのプログラムに分かれ、「消費者行動論」「国際経営論」「財務会計論」といった具体的な学びを深めます。日商簿記検定・公認会計士・税理士など、資格取得を視野に入れる場合は関連科目を履修できます。
→産業経営学科 カリキュラムの体系

産業経営学科 4つのプログラム

2年次より次のプログラムのいずれかに所属し、体系づけて学びを深めていきます。

企業マネジメントプログラム

経営者や企業家に求められる能力を身に付けます。

国際マーケティングプログラム

国際的なビジネスに必要な知識とスキルを磨きます。

会計・ファイナンスプログラム

企業評価や税を学び、会計のプロフェッショナルを目指します。

経営情報プログラム

IT関連事業など、情報技術を駆使した企業経営を学びます。

こんな人には産業経営学科がおすすめです!

企業経営に関心のある人。さらには、起業やインターネット上でのビジネス展開など、新たなチャレンジをしてみたい人に向いています。また、公認会計士や税理士などの資格も目指せます。
● 起業にチャレンジしたい人
● 企業やNPOなどの組織をマネジメントしたい人
● 情報処理のスキルを身に付けたい人
● 会計・マーケティングなどの実務に関心のある人