2015コンピュータ利用の手引き デジタルパンフ
44/89

6.その他パソコンの利用方法 43 6.1.2.USBメモリ・その他カードメディア USBメモリはPC本体に用意されているのついたコネクタに接続して使う書き換え可能な媒体です。 本学部に設置されたすべてのパソコンで使うことができます。記憶容量が各種あります。小型で便利な記憶装置ですが,小型ゆえに紛失や盗難の危険性が高いので,セキュリティ対策として,暗号化ソフトなどが製品に付属しているものもあります。 マイコンピュータには「リムーバブルディスク」と表示されますが,ランプが点滅(読み込み・書き込み)しているときにUSBメモリを抜くと,データが正しく書き込まれなかったり,故障の原因となりますので,注意してください。 コンパクトフラッシュメモリなど,他のメモリカードを利用できる機種もありますが,すべてに共通して使えるのはUSBメモリだけです。 6.1.3.USBメモリの取り外し方 USBメモリは,取り外しの処理を行わないとデータが書き込まれなかったり,壊れたりすることがあります。必ず以下の手順を実行してから取り外してください。 ① 画面右下タスクトレイ内のアイコンをクリックする ② 例では,「STORE N GOの取り出し」をクリックする

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です