2015コンピュータ利用の手引き デジタルパンフ
6/89

1.コンピュータの利用にあたって 5 1.3.利用できるパソコン,ソフト 大学で利用できるパソコンのほとんどは,Word,Excelなどのマイクロソフトオフィスソフトがすべてのパソコンで利用できます。場所によっては,統計解析ソフトが利用可能なものもあります。 新規にパソコンを購入する場合には,Word,Excelの付いたWindowsパソコンの購入をお勧めします。ただし,既にMacOSやLinuxなどのパソコンをお持ちの方でも買い換える必要はありません。Windowsとファイル交換ができるようにしておけば問題はありません。通常の授業では,Word,Excelなどのマイクロソフト製品ではなくても,OpenOfficeという名の互換性のあるオフィスソフトでも十分です。 大学に設置されているパソコンはネットワークに接続されており,図書カウンター,7号館エントランスを除くパソコンであれば自分専用のフォルダを利用できます。例えば,コンピュータの授業で作成した文書を,読書コーナーのパソコンで修正することもできます。 1.4.質問窓口 パソコンやメールの使い方については,この冊子やホームページに掲載された利用法をよく読んでください。原則として,個別の質問窓口は用意していませんので,友人同士で教え合って解決してください。 機械の故障や紙詰まりなどのトラブルは,設置された場所付近の職員に連絡してください。 なお,パスワード忘れ等については,10 ページをご覧ください。 読書コーナー 大学院自習室CAL教室CAL自習室就職指導課個人用フォルダ 大型ファイルサーバー学 内

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です