2015コンピュータ利用の手引き デジタルパンフ
83/89

付録 82 付録 日本大学学生用ウェブアプリケーションシステム利用規約 監修:日本大学総合学術情報センター 日本大学ウェブアプリケーションシステム(NU-AppsG)は,本大学在学中,教育・研究を始め,大学からの連絡事項の受信,またサークルや友人同士のコミュニケーションに大いに利用していただき,学生生活をサポートしていくコミュニケーションツールです。 ついては,NU-AppsGを利用するに当たっては,学生(利用者)は,下記の事項に従って,正しく利用してください。 NU-AppsGサービスについて NU-AppsG(以下,本システムという。)は日本大学に在学している学生(学部生・大学院生・短期大学部学生・専門学校生)を対象とした統一電子メールシステムです。日本大学から在学中,メールアドレスが貸与され,学内及び学外に対しコミュニケーションを図るための道具として認識してください。 ① NU-AppsGサービスの利用について 本システムは,日本大学とGoogle社のパートナーシップ契約において,Google Apps Education Editionを利用したシステムです。下記のサービスを提供いたします。 (1)スタートページ – Gmail,カレンダー,ドキュメントを一覧で確認できるほか,気になるニュースや天気予報等のサイトを登録できます。 (2)Gmail – 6.5ギガバイトの容量と優れた検索機能により,メールを整理する必要がなくなります。ウィルス対策及び迷惑メールの排除機能など実装し,セキュリティ強化が考慮されています。また,ソフトウェアを追加しなくてもメールの画面からそのままインスタントメッセージを送れるので,手軽にコミュニケーションが図れます。 (3)Googleトーク - インスタントメッセンジャーソフトで,いつでもどこでもチャットや通話で連絡を取り合うことができます。 (4)Googleカレンダー - 個人のスケジュール管理はもちろん,サークル活動や学部行事等も同時に表示又は共有できます。 (5)ドキュメント – ワープロ作成,表計算機能,プレゼンテーション機能を持合せ,共同でドキュメント作成が可能です。 以上のサービスはGoogle Apps Education Editionの利用規約 (http://www.google.com/a/help/intl/ja/users/terms.html)に準じます。

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です