学生生活

学費・奨学金

学費

学費の詳細については、下記ページでご確認ください。

受験生のためのポータルサイト
入学手続・納入金

奨学金制度

奨学金制度には下記のものがあります。募集は原則として毎年4月に行います。希望者は掲示を確認してください。特待生については教務課、その他の奨学金については学生課窓口までお問い合わせください。

学部1年生を対象とする奨学金制度

■日本大学経済学部奨学金

種別 対象 給付金額
第1種A 一般入試(本校試験・大学入試センター試験を利用した試験)に合格し、入学時の成績が特に優秀な学部1年次生 年額360,000円
第1種B 推薦入試・AO入試・特別選抜入試に合格し、入学時の成績が特に優秀な学部1年次生 年額360,000円

学部1年生以上を対象とする奨学金制度

■日本大学経済学部奨学金

種別 対象 給付金額
第3種 学費等の支弁が困難で、成績優秀な学部生
※貸与式の奨学金を受けていることを前提とする。
年額240,000円
(6月と10月の2回に分けて給付)
(後期採用者は12万円)

■日本大学経済学部後援会奨学金

種別 対象 給付金額
第1種 学費等の支弁が困難で、後援会費を納入し成績優秀な学部生
※貸与式の奨学金を受けていることを前提とする。
年額240,000円
(6月と10月の2回に分けて給付)
(後期採用者は12万円)
第2種 諸般の事情により家計が急変し学費等の支弁が困難で、後援会費を納入し成績優秀な学部生 年間360,000円

■日本大学小澤奨学金

対象 給付金額
国家試験の受験を志す学業成績・人物ともに優秀な学部生 年額120,000円

学部2年生以上を対象とする奨学金制度

■日本大学特待生制度

※給付金額が変更となりました。(経済的困窮者に対する給付型奨学金の充実のため)

種別 対象 給付金額
甲種 学業成績優秀にして品行方正な学生を選考の上、右記給付金額を給付する制度です。
候補者に選ばれた者は、面接を行います。
授業料1年分相当額の半額
+図書費(年額120,000円)
乙種 授業料1年分相当額の半額

■日本大学経済学部校友会奨学金

対象 給付金額
日本大学校友会年会費(準会員)を納入し学業成績が優秀な学部生 年額120,000円

大学院生を対象とする奨学金

種別 対象 給付金額
日本大学ロバート・F・ケネディ奨学金 学業成績が優秀な大学院生 年額200,000円
日本大学古田奨学金 学業成績が優秀な大学院生 年額200,000円

私費外国人留学生を対象とする奨学金

■日本大学経済学部奨学金

種別 対象 給付金額
第二種 学業成績が優秀な学部生 年額240,000円
(6月と10月の2回に分けて給付)

■日本大学創立100周年記念外国人留学生奨学金

対象 給付金額
学業成績が優秀な学部生・大学院生 授業料1年分相当額

日本人学生を対象とする奨学金

■日本学生支援機構奨学金制度

種別 対象 貸与金額
第一種
(無利子)
成績優秀で、学費等の支弁が困難である学部生・大学院生(日本人) 学部生 自宅生 30,000円・54,000円の2種類から選択
自宅外生 30,000円・64,000円の2種類から選択
大学院生 博士前期 50,000円・88,000円の2種類から選択
博士後期 80,000円・122,000円の2種類から選択
第二種
(有利子)
学費等の支弁が困難である学部生・大学院生(日本人) 学部生 30,000円・ 50,000円・80,000円・100,000円・120,000円の5種類から選択
大学院生 50,000円・ 80,000円・100,000円・130,000円・150,000円の5種類から選択

詳細については日本学生支援機構ホームページ(http://www.jasso.go.jp/shogakukin/about/index.html)を参照してください。

■その他の奨学金制度

地方自治体が行っている奨学金制度や、樫山奨学金、守谷育英会など民間財団奨学金の制度もあります。
これらは、出身都道府県・市町村の教育委員会または学生課にお問い合わせください。

奨学金手続きにあたっての注意

  1. 奨学金の募集手続きについては学生課の専用掲示板にてお知らせしています。
    学部は学生課前の奨学金専用掲示板、大学院は7号館11階の掲示板です。
    いずれの奨学金も定期募集は4月となります。この機会を逃すと本年度は申請ができません。希望者は見落とすことのないよう掲示に十分注意をしてください。
  2. 提出書類は丁寧に記入し、提出期限に遅れることのないようにしてください。
    学金の申請手続きには提出書類の他に添付書類として所得に関する証明書等が必要となります。これらの入手には時間がかかる場合がありますので、十分時間的余裕をもって準備してください。
  3. 日本学生支援機構奨学金については、採用された学生に対し採用説明会の参加、各種手続きが必要です。これらは全て掲示でお知らせします。掲示の見落としにより手続きをしなかった場合の不利益は全て自分の責任となり、受給停止等に至る場合もありますので、掲示板を見る習慣をつけるよう心がけてください。
  4. 家計の急変や災害等により被害を受けた場合は学生課窓口にご相談ください。日本学生支援機構奨学金で採用となる場合があります。

ページの先頭へ