先生紹介

唐澤 正実 ( KARASAWA Masami)  教授

【自己紹介】  昭和33年年東京生。水瓶座,O型。日本大学豊山高校,日本大学文理学部国文学科卒業。 日本大学大学院文学研究科国文学専攻修了。日本大学文理学部国文学研究室助手,東京都立鷺宮高等学校定時制課程教諭を経て,平成7年度より日本大学経済学部に勤務。

高校時代影響を受けた作家はトーマス・マン,遠藤周作など。
趣味は,映画や音楽を楽しむことです。好きな映像作家は黒澤明,円谷英二,押井守,三谷幸喜,デビット・リーン。
ちなみに,最近はまっているのは「ガールズ&パンツァー」(パンツァーは戦車のこと。戦車アニメ)、学祖山田顕義の伝記。

【担当授業】  文学A 日本語表現A 日本語表記 (26年度は未開講) 教養研究(一) 教養研究(二) 研究論文 基礎研究

【研究テーマ】  中世和歌史/古典籍のデジタルアーカイブ化/国語表現 等

【研究内容】 主テーマは,鎌倉時代初期の歌壇,歌人,和歌表現研究で,特に藤原定家や順徳院を中心に研究しています。また,日本大学総合学術情報センター所蔵の古典籍調査と共に,「日本語日本文学デジタルアーカイブ」プロジェクトにも参加しました。これは,日本大学が所蔵する貴重な国文学・国語学資料を,デジタルデータ化し,研究・教育向けの公開データベース(公開中)として構築する試みです。なお,このプロジェクトは文部科学省の学術フロンティア推進事業として採択された「デジタルアーカイブ・インストラクチャの構築と高度利用」の一環です。※プロジェクトについて