経済学部ロゴ  
日本大学経済学部図書館
トップ 概要 開室日程 利用案内
本や雑誌・論文をさがす 経済学部EDS オンラインデータベース・電子ジャーナル 電子ブック
 
開館日程

◆2014年度

3月31日

 「Find e-Journal」「A to Z」のサービス終了と「Pub.find」のサービス開始について

 


 電子ジャーナルポータルサイト「find e-Journal」と「A to Z」は,サービス終了となります。

 今後は新しいサービス「Pub.find」をご利用ください。

 「Pub.find」は,日本大学で契約(一部除く)している全文利用可能な電子ジャーナルの他,抄録のみ利用できる電子ジャーナルを含む
タイトル一覧データベースです。
 なお,経済学部で契約している電子ジャーナルは含まれていません。


1月9日

 『聞蔵』サービス停止について

 


朝日新聞社 データベース事業部 聞蔵サポートから,下記のとおり連絡がありましたので,お知らせいたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

システムメンテナンスのため,以下の日程で『聞蔵』のサービスが一時停止となります。

【サービス停止日時】
・1月13日(火)18:00〜20:00

※作業の進捗状況により,サービス再開時刻は多少前後する場合があります。
あらかじめ、ご了承ください。



12月18日

 経済学部OPAC(蔵書検索)一時停止のお知らせ

 


本部総合学術情報センター情報事務局 情報推進課から,下記のとおり連絡がありましたので,お知らせいたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

仮想サーバ保守作業のため,以下の日程で経済学部OPACが一時停止となります。

【サービス停止日時】
 ・12月21日(日)9:00〜18:00

※作業の進捗状況により,サービス再開時刻は多少前後する場合があります。
あらかじめ、ご了承ください。



11月17日

 経済学部OPAC(蔵書検索)が新しくなりました

 


図書館システムの更新に伴い,平成26年11月17日(月)から,OPAC(蔵書検索)が新しくなりました。
以前に比べ,検索タブが増えるなど,便利になっていますので是非ご利用ください。

1 主な変更点
【1】検索機能がアップし,豊富な絞り込み機能が付きました。
【2】OPAC画面上で,他のデータベースへの移行が簡単にできるようになりました。
【3】MyOPACが利用できるようになりました。
【4】OPACのどの画面からもログインが可能になり,一度ログインをすれば,複数の機能がログイン状態で利用できるようになりました。

2 注 意 点
【1】バージョンアップに伴い,MyOPAC画面のURLが変わります。お気に入りやショートカットで利用されている方は,URLの変更をお願いいたします。
   新URL: https://ecolib.nihon-u.ac.jp/opac/opac_search/
【2】日本大学蔵書目録横断検索システムは,利用できなくなります。今後は,OPAC画面上の『EHIS日大OPAC統合検索』をご利用ください。 学外から利用される場合は,図書館のホームページをご覧ください。
【3】図書館情報検索端末,読書コーナーPCなどの共有パソコン等からログインして利用する場合,画面右上のログアウトボタンをクリックしてログアウトを必ずしてください。
【4】しばらくの間,調整作業等によりOPACの動作が不安定になることがありますので,ご了承ください。



11月12日

 『Japan Knowledgeジャパンナレッジ』サービス停止について

 


定期システムメンテナンスのため,以下の日程でジャパンナレッジの全サービスが一時停止となります。

【サービス停止日時】
・11月24日(月)9:00〜13:00

【サービス停止内容】
・ジャパンナレッジサービス全般
(ジャパンナレッジLib,JKセレクトシリーズ,JKBooks)

上記サイトの全サービスが停止いたします。

※作業の進捗状況により,サービス再開時刻は多少前後する場合があります。
あらかじめ、ご了承ください。



10月9日

 次期全学共通図書館システムの移行スケジュール及び図書館の休室について

 


標記のことについて,下記のとおりお知らせいたします。               
利用者の皆様には,ご迷惑をおかけいたしますが, ご理解,ご協力くださいますよう,お願い申し上げます。

1 次期全学共通図書館システムの移行スケジュールについて
日程 11月14日(金)17:00〜11月17日(月)10:00
内容 次期全学共通図書館システムの移行に伴う図書館システム停止
(リクエストサービス,予約/取寄等)

※「予約/取寄」について

@[申込み]11月12日(水) 15:00〜11月13日(木)19:00 
[お渡し]11月18日(火)12:00以降

A[申込み]11月13日(木)19:00
〜11月18日(火)15:00(上記図書館システム停止期間除く)
  [お渡し]11月19日(水)12:00以降
それ以外の時間帯については,HP等に掲載されている通常の申込時間・貸出時間対応表にてご確認ください。
ただし,既に貸出中や予約のある資料については,貸出可能になり次第のご案内となります。

11月17日(月)から,次期図書館システムに更新いたします。

2 図書館の休室について

日程 11月14日(金)〜11月15日(土)

内容 11月14日(金) 入学試験日のため休室
11月15日(土) 図書館システム停止に伴う臨時休室



8月5日

横断検索システムの移行について 

 

 

現在使用しております「日本大学蔵書目録 横断検索」システムにつきまして,
次期システムに移行する関係で,システム移行した学部から順次更新されなくなります。

今後,横断検索を利用される場合は,EBSCOhost Integrated Search(以下EHIS)

URL:http://eds.b.ebscohost.com/ehost/search/selectdb?sid=f119f9ef-b7c9-47af-872b-96a16cd68b55%40sessionmgr114&vid=0&hid=107

使用マニュアル

から「日本大学OPAC」を選択し,検索いただくようお願いいたします。

※リンクから入れない場合は,日本大学オンラインデーベース・電子ジャーナルのページから

 EBSCOhost Integrated Searchをクリックし,入ることもできますのでお試しください。

なお,旧横断検索システムの更新は止まりますが,引き続きご利用いただくことは可能です。

EHIS」を学外から利用する場合は,GAKUNIN(学認)経由となります。

GAKUNIN(学認)については,【経済学部オンラインデータベース・電子ジャーナルタイトル一覧】の(注)をご参照ください。

NU-AppsG(学生)のユーザ名とパスワードがわからない方は,入学時に配布しました「コンピュータ利用の手引き」に詳細が記載されております。
NU-AppS(教職員)は事務の友と同様です。)

以上についてご注意いただくよう,よろしくお願いいたします。



7月3日

夏季休業期間中における図書館の対応について 

 

1 開室日および開室時間について

 @ 7月24日(木)〜7月31日(木)
月曜日〜金曜日  午前9時〜午後7時
土曜日        午前9時〜午後3時

A 8月1日(金)〜9月11日(木)
月曜日〜金曜日  午前10時〜午後6時
ただし,土曜日および夏季一斉休暇期間8月11日(月)〜15日(金)を除く。
なお,9月8日(月)は,臨時休室いたします。
※上記以外で,臨時休室する場合は,HP等でお知らせします。

2 長期貸出について

  利用者

期 間

貸出冊数

返却日

 学部学生

  7月17日(木)〜9月5日(金)

10冊

 
9月20日(土)

 
大学院生
非常勤教職員

20冊

  
10月6日(月)

※ 専任教職員は,通常貸出(貸出冊数:20冊,貸出期間:2ヶ月)

                                                                                                                                                    
以  上  

 



5月30日

オンラインデータベース・電子ジャーナル・eBookの追加について 

 


利用可能なオンラインデータベース・電子ジャーナル・eBookが追加されましたのでお知らせいたします。

・Reaxys

※ただし,平成26年度限定となります。次年度以降利用可能か否かは未定ですのでご了承ください。



4月14日

基礎研究ガイダンスの開催について

 


4月16日(水)から前期終了まで,一時限目(9:00〜10:30の間)に図書館前で基礎研究ガイダンスを行います。

その間,一般利用は可能ですが,ガイダンスによるマイク音声やPC機器の利用可能台数(数台は一般利用者向けに開放します)等で,制限がかかります。

ご迷惑をおかけし,大変申し訳ございませんが,ご了承くださいますようお願い申し上げます。



2017年度へ
2016年度へ
2015年度へ
2014年度へ
2013年度へ
Copyright 2009 Nihon University College of Economics. All rights reserved.