■日本大学経済学部とアイルランド国立メイヌース大学の間のダブルディグリープログラムの調印について■

 平成30年11月14日に経済学部長 井尻直彦教授、メイヌース大学学長フィリップ・ノーラン教授によって、日本大学経済学部とアイルランド国立メイヌース大学の間のダブルディグリープログラムの合意書への調印が行われました。

 本プログラムは、平成31年度入学生より適用され、国際的に認められる資質をもつ学生の育成を目的とし、優れた英語運用能力と経済学の確固たる基礎知識を備えることで、日本の経済・産業界からの要求を満たし、さらに経済分野の研究を進め、国際市場の課題に対応することができる人材の養成を目的としています。

 本プログラムは2年半または2年の日本大学経済学部の在学と、2年または2年半のメイヌース大学の在学の合計4年半の学位プログラムです。修了者には、日本大学経済学部とメイヌース大学双方の経済学についての学士の学位が授与されます。


調印後の井尻学部長(右)とフィリップ・ノーラン学長