単位認定

留学期間中の在籍について

派遣交換留学生として留学する期間は、修業年限に含まれます。

留学先大学で履修した科目の単位認定について

留学先大学で修得した科目は、単年度で30単位、総計60単位を超えない範囲(他学科科目及び相互履修で修得した科目の単位がある場合はこれを含める)で卒業要件に算入されます。
単位の認定は、履修科目の講義内容、講義時間数等を勘案し、教授会で審議の上、決定されます。
留学先で修得した科目の単位の認定を希望する場合は、履修した授業の内容がわかる書類、講義要綱(シラバス)、講義時間数がわかる書類、そのほか認定の判断の参考となる資料が必要となりますので、必ず持ち帰り、帰国後速やかに教務課へ提出してください。
履修に関しては、必ず、留学前及び留学決定後に教務課で相談してください。

留学期間中の本学部の科目履修について

派遣交換留学生として海外の大学に留学中、ゼミナール担当教員が認めた場合に限り、ゼミナール(「専門研究(一)」、「専門研究(二)」、「卒業論文」、あるいは、「教養研究(一)」、「教養研究(二)」、「研究論文」)に限り履修することができます。
詳細は、出願前及び留学決定後に、教務課で相談してください。

派遣交換留学生 募集説明会 →

派遣先大学 →

年間費用 →

出願資格 →

出願について →

その他の諸注意 →

願書・留学計画書

↓ 願書(Word41KB)
↓ 留学計画書(手書き英文用)(Word29KB)
↓ 留学計画書(手書き邦文用)(Word259KB)