産業経営プロジェクト報告書 第40-2号(2016年度)

公会計改革の理論・制度と課題

研究調査期間

2014年4月~ 2016年3月

代表研究者

古庄  修

共同研究者

石川 恵子
今福 愛志
金子 良太
藤野 雅史

研究論文編(付属参考資料含む)

※タイトルをクリックするとPDFファイル形式で論文をご覧いただけます。

表紙(PDF:226KB)

序(PDF:121KB)

はしがき(PDF:194KB)

目次(PDF:105KB)

第1部 扉(PDF:17KB)

第1章 公的セクターの財務報告の枠組みとアニュアルレポートの変容(PDF:429KB)

第2章 公的セクターの財務報告の範囲をめぐる議論の形成過程(PDF:376KB)

第3章 政府における連結財務諸表の特徴─連結範囲の多様性に着目して─(PDF:461KB)

第4章 アウトカム業績情報を利用するための制度的枠組み
     ─米国連邦政府の業績測定フレームワーク─(PDF:457KB)

第5章 新地方公会計に係わる内部統制の整備状況
     ─新地方公会計の実態調査の結果に基づいて─(PDF:311KB)

第2部 扉(PDF:34KB)

序〈第2部〉(PDF:209KB)

第6章 社会給付の債務認識をめぐる公会計フレームワークの国際的動向
     ─国際公会計基準審議会(IPSASB)諮問書「社会給付の認識と測定」(2015)をめぐって─(PDF:485KB)

第7章 ソブリン・ウェルス・ファンドに関するベストプラクティスの形成と隘路(PDF:544KB)

第8章 公的年金基金の運用機構におけるIFRS 導入の意義
     ─カナダ年金制度投資理事会(CPPIB)の運営コストをめぐる開示問題(PDF:490KB)