紀要 39号(2009年)

タイトルをクリックするとPDFファイル形式で論文をご覧いただけます。

【共同研究】経済の変化とその対応

はしがき(PDF:201KB) 塚本 隆夫 1 - 3
ソースタイン・ヴェブレンのアーヴィング・フィッシャー経済学批判(PDF:525KB) 齋藤 宏之 5 - 20
ソースタイン・ヴェブレンの本能論の展開(PDF:490KB) 高橋 宏幸 21 - 37
進化思想とヴェブレンの経済学構想
—近年の諸研究に関するサーベイ—(PDF:657KB)
石田 教子 39 - 64
W. C. ミッチェルの集計的研究手法
—G. ホジソンの所説の検討—(PDF:521KB)
塚本 隆夫 65 - 77
マーシャルとイギリスの産業組織論の形成(PDF:582KB) 三宅 忠和 79 - 95
スラッファ体系への道程 藤井 盛夫 97 - 104
労働者行動と賃金率の硬直性
—公正賃金率仮説と行動経済学に基づくミクロ的基礎—
植木 恒幸 105 - 116
デジタル機器産業,デジタルコンテンツ産業と消費者の構造的関連性
—消費者の保有する情報の私有化と共有化の選択に関する考察—
有馬 守康 117 - 127

【共同研究】中国の経済発展と産業集積に関する開発経済学・空間経済学・国際経済学の観点からの融合的研究

【共同研究】日本の証券市場におけるマイクロ・ストラクチャーの分析