日本大学経済学部 経科研シンポジウム

―グローバル化経済における金融技術革新と金融システムの将来像―
Financial Innovation and the Future of Financial System under Economic Globalization

主催:日本大学経済学部経済科学研究所
Hosted by Research Institute of Economic Science,
College of Economics, Nihon University

協賛:日本国際経済学会
Supported by The Japan Society of International Economics

 

近時、「フィンテック」という言葉に象徴される新たな情報技術・金融技術の進展が加速している。こうした技術革新は、基本的には、金融サービス業のフロンティアを広げるとともに、より幅広く経済社会全体に対しても大きな便益をもたらすと考えられるが、同時に、金融システムや決済システムの安定性に対して、新たなリスクをもたらす可能性を内包している。本シンポジウムでは、経済がグローバル化する中で、最近の技術革新が金融業や金融システムの将来にどのような影響をもたらすか、また、中央銀行や金融監督当局は、こうした変化の下で発生しうるリスクに政策面でどのように対応すべきか、について議論を行なう。

開催概要/ Event

名称
Title
―グローバル化経済における金融技術革新と金融システムの将来像―
Financial Innovation and the Future of Financial System under Economic Globalization
日時
Date
2019年4月20日(土)13:30~17:00 (受付開始13:00)
April 20, 2019 (Saturday) 13:30~17:00 (Participants Registration 13:00)
会場
Place
日本大学経済学部7号館2階講堂
東京都千代田区神田三崎町1-3-2 地図はこちら
Nihon University, College of Economics, Bldg.7 2F
1-3-2 Misaki-cho, Chiyoda-ku, Tokyo MAP
主催
Hosted by
日本大学経済学部経済科学研究所
Research Institute of Economic Science, College of Economics, Nihon University
協賛
Supported by
日本国際経済学会
The Japan Society of International Economics
参加費
Participation Fee
無料・事前申し込み制
Free/ Registration is required
募集人数
Number of Position
150人
150 persons
使用言語
Language
英語・日本語(同時通訳付き)
English/ Japanese
お申し込み
Registration
「参加申込」ページをご覧の上、お申し込みください。
Registration
⇒ 告知ポスター(PDFファイル 605KB)

プログラム/ Program

13:30–13:35
開会のあいさつ/ Opening Address
13:35-15:00
セッション1 基調講演/ Session 1 Keynote Speech
講演者/ Speaker:Stephen G. Cecchetti 氏 発表資料【1】【2】
(Professor, Brandeis International Business School)
討論者:白川 方明 氏 発表資料
(青山学院大学 特別招聘教授、前・日本銀行 総裁)
Discussant: Masaaki Shirakawa (Aoyama Gakuin University)
<座長>/<CHAIRPERSON>
服部 正純 氏(日本大学経済学部 教授)
Masazumi Hattori (Nihon University)
15:00-15:30
休憩/ Coffee Break
15:30-17:00
セッション2 パネル討論/ Session 2: Panel Discussion
<パネリスト>(五十音順)/<PANELISTS>
北村 行伸 氏(一橋大学経済研究所 教授) 発表資料
Yukinobu Kitamura (Hitotsubashi University)
小早川 周司 氏(明治大学政治経済学部 教授) 発表資料
Shuji Kobayakawa (Meiji University)
櫻井 公人 氏(立教大学経済学部 教授) 発表資料
Kimihito Sakurai (Rikkyo University)
柳川 範之 氏(東京大学大学院経済学研究科 教授) 発表資料
Noriyuki Yanagawa (The University of Tokyo)
<モデレータ>/ <MODERATOR>
齋藤 哲哉 氏(日本大学経済学部 准教授)
Tetsuya Saito (Nihon University)
17:00-17:05
閉会のあいさつ
17:30-19:00
レセプション(日本大学経済学部7号館14階レセプションルーム)
Reception(Nihon University, College of Economics, Bldg.7 14F)
プログラムは、都合により、変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
Programs are subject to change due to circumstances.
シンポジウムはペーパーレスでの実施となりますため、当日資料の配布はございません。
There will be no distribution of printed materials.

<お問い合わせ>

経科研シンポジウム
〒101-8360 東京都千代田区神田三崎町1-3-2
日本大学経済学部研究事務課
TEL:03-3219-3309 FAX:03-3219-3329
E-mail: eco.keikaken-sympo@nihon-u.ac.jp

<Contact Information>

Research Institute of Economic Science Symposium
1-3-2 Misaki-cho, Chiyoda-ku, Tokyo 101-8360
College of Economics, NIHON UNIVERSITY
TEL:03-3219-3309 FAX:03-3219-3329
E-mail: eco.keikaken-sympo@nihon-u.ac.jp