英語と日本語の仕組みを探る

テーマ
英語・日本語意味論

秋山ゼミ

分類
教養研究
担当教員
秋山 孝信 Takanobu AKIYAMA
ゼミの内容
  • 人の思考・感情・行動
  • 情報
  • 教育
  • 文化
  • 言語
ゼミの特徴
  • じっくり研究型
  • 資格に直結

Q. ゼミではどんなことを研究していますか?

英語の文法・構文・語句を学ぶ際には、充分に理解しないまま、単純な暗記で済ませることがあると思います。当ゼミでは、「知っているつもり」となっている英語、日本語の文法・構文・語句の用い方に光を当て、その背後にある仕組みについて研究しています。

例えば、大学受験前には、「deprive + 人 + of + モノ(人からモノを奪う)」と「steal + モノ + from + 人(人からモノを盗む)」という構文(熟語)を覚えると思います。しかし、なぜ前者は「人 of モノ」という語順となり、後者は「モノ from 人」という語順になるのでしょうか。この語順(および前置詞ofとfromの使い分け)には理由があり、それには「ことばの形式・用い方には、人間による事態把握の仕方が影響する」という原理が反映されています。当ゼミでは、この原理に基づいて、ことばの形式・用い方を捉え直し、英語と日本語両方の理解を深めます。ゼミ生は3年間にわたって「ことばの不思議」と向き合うことにより、論理的な思考を養います。

Q. ゼミの様子は?

授業開始後の30分間は、TOEIC Listening Sectionの対策をしています。ここでは、宿題として解いてきた設問をペアでディスカッションをして、司会者役のゼミ生が解答の説明を行います(もちろん、教員による補足説明もあります)。その後の60分間は、ゼミ生が「ことばの不思議」に関するさまざまな文献を調べ、プレゼンテーションとディスカッションをします。また、教員による言語学の基礎知識に関する講義も行います。

Q. ゼミの特徴は?

言語学がテーマのゼミですが、TOEICスコアの向上も目指しています。伸び悩んでいる学生もいますが、皆が目標に向かって日々頑張っています。また、学年の枠を越えたゼミのネットワークをつくるために、キャリア形成ワークショップ(OB・OG会)を隔年で開催しています。OB・OGは、ゼミ生の就職活動や社会人生活に関する相談に快く乗ってくれます。

これまでの卒業論文・研究論文のテーマ例
  • 経済・金融関連の英語表現におけるメタファー、メトニミー
  • コーポレートスローガンにおける比喩について
  • 映画の広告表現におけるメタファー、メトニミー、シネクドキ
  • 日英語色彩表現の多義について
  • 英語身体部位表現の意味拡張について
  • 英語二重目的語構文の意味的特性
  • 英語受動文の特性について
  • On Metaphor and Metonymy in Business English (英語論文)

1年間の主なイベントスケジュール

07月 懇親会
09月 夏合宿 (2泊3日:熱海・伊豆・鬼怒川・白浜・河口湖などで実施)
11月 キャリア形成ワークショップ(OB・OG会)(隔年で実施)
02月 新ゼミ生歓迎会
03月 卒業生送別会

OB・OGの就職業界TOP3

製造業(食品・衣料品・自動車・薬品などのメーカー)
情報通信業(通信・マスコミ・インターネットサービスなど)
流通業(商社・百貨店・量販店など)

取得者の多い資格

  • TOEICテスト
年2回のTOEICテストの受験を義務付けています。

学生へのメッセージ

「ことばの不思議」を扱う本ゼミの研究内容は、必ずしも就職活動や社会人生活においてすぐに役に立つのかどうかは分かりません。しかし、人間の生活から切り離すことができない「ことば」に注目し、その用い方を左右する仕組みを学び、さらに誰にでも理解してもらえるように筋道を立てて議論を構築するゼミ活動は、皆さんがこれから他者と関わり合いながら生きていく上で必要な「土台」をつくることに繋がるでしょう。学生の皆さんには、長期的・多角的視野で物事を深く考え、目標に向かって精進してほしいと思います。

研究成果

英語の構文を使用する際に課せられる意味的制約について研究しています。例えば、I have something to hope for.という文は英語として認められるのに、I have something to want.は、(特にイギリス英語圏では)容認されません。同じto不定詞の形容詞用法であるにもかかわらず、なぜ後者は英語として認められないのでしょうか。このような構文使用に課せられる制約を分析する際には、研究対象となる構文を含む適格文と非適格文の用例をできる限り数多く観察し、それぞれに共通する意味特性を抽出することが必要です。

用例の観察には、「コーパス」と呼ばれる、言語の分析を目的に編纂されたコンピュータ可読テキストの集積を利用します。コーパスにはさまざまな種類がありますが、中には一語ずつに文法標識が付いているものもあり、研究の可能性を広げてくれます。私は、特に英語の非定形節に興味を持っており、これまで不定詞関係節、名詞の補部としての不定詞節、Hard-nuts構文、疑問不定詞節などを研究対象としてきました。

→日本大学 研究情報データベース


夏のゼミ合宿、河口湖にて


ゼミOB・OGを招いたキャリア形成ワークショップ