スポーツを心理面から理解する

テーマ
スポーツ心理学

平木ゼミ

分類
教養研究
担当教員
平木 貴子 Takako HIRAKI
ゼミの内容
  • 人の思考・感情・行動
  • 教育
  • 数学・統計
  • 文化
  • 環境
ゼミの特徴
  • グループワーク型

Q. ゼミではどんなことを研究していますか?

スポーツ場面でのさまざまな現象を、「こころ」という側面から理解していこうというゼミです。こころは目には見えず、捉えどころがないので、どうしても漠然とした理解になりやすいものです。また、人のこころは決して一側面で語ることはできません。このゼミでは、「スポーツとこころ」を軸に、あらゆる文献や、実際に起こっている出来事、調査や実験などを通して、現象をさまざまな角度から見つめ、より深く理解するための活動を行っています。

Q. ゼミの様子は?

2年生ではスポーツ心理学に関する書籍を、ゼミ生で分担して読みます。1時間半の授業のうち、前半は発表者が担当した部分を紹介し、補足説明します。後半はその部分に対して、ゼミ生同士で疑問を話し合い、それぞれのスポーツ体験のエピソードなどを共有しながら、理解を深めていきます。

3年生以降は、各自が興味のあるテーマについて調べて発表し、ゼミ生同士で議論しながら、テーマへの理解を深めていきます。

Q. ゼミの特徴は?

ディスカッションを中心に活動を行っています。学生からの提案があれば、スポーツイベントや懇親会を行うこともあります。学生からの積極的な働きかけを推奨しています。今後は、他大学のゼミと交流会ができればと思っています。

これまでの卒業論文・研究論文のテーマ例
  • 中学・高校の運動経験が大学での運動実施や運動形態にどのような影響を与えているのか
  • バスケットボールのフリースローが失敗するときの原因は何か
  • 思春期生徒の運動部活動に対する動機づけは性別や指導者の関わりによってどのように異なるのか

1年間の主なイベントスケジュール

05月・06月 懇親会
09月 夏合宿
11月 ゼミ説明会
12月 入室試験
12月〜01月 入室予定の1年生参加の懇親会
01月 個人面談
01月〜02月 研究成果発表会(予定)

学生からの要望があれば、スポーツ大会や合宿なども別に企画します。

OB・OGの就職業界TOP3

1期生は2017年に卒業予定です。

取得者の多い資格

  • 教員免許

学生へのメッセージ

自分の身近な現象に対して関心を持ち、知りたいこと・分からないことを調べて、よりその現象を深く理解する過程は、どのような学問でも必要な姿勢です。「スポーツ心理学」のゼミですので、「スポーツとこころ」を軸に研究に取り組みますが、このゼミで学んだこと・体験したことを、スポーツ以外でも発揮してくれることを望みます。

研究成果

アスリートに対する心理サポート活動を細々と行っています。これまで行ってきた研究も心理サポートに関連する研究が多いです。心理サポートを促進させる要素として、心理サポートの中で「何をするか・したのか」も重要ですが、それよりも「どのように行うか・行ったのか」の方がより重要です。その「どのように行うか・行ったのか」について考える際に、私の最近の関心は、心理専門家とアスリートの関係性の視点です。中でも、アスリートとの関係性を構築する上で、心理専門家の心理サポートに対するスタンスがアスリートの心理的作業にどのように影響するか、について興味を持って研究を行っています。

→日本大学 研究情報データベース


平木ゼミの皆さん。教室にて


2015年夏合宿・軽井沢研修所にて