データ分析で世界を読み解く

テーマ
PCによる統計分析

大澤ゼミ

分類
教養研究
担当教員
大澤 秀雄 Hideo OSAWA
ゼミの内容
  • 企業の仕組み
  • 数学・統計
  • 社会の仕組み
  • 経済の仕組み
  • 都市
ゼミの特徴
  • じっくり研究型
  • グループワーク型

Q. ゼミではどんなことを研究していますか?

パソコン(PC)を利用して、さまざまなデータを分析しています。経済や経営データのみならず、あらゆる種類のデータが対象となり、そこから見える世界を読み解くことを学びます。

Q. ゼミの様子は?

2年生では Excel を利用して統計ツールをつくり、自ら作成した統計ツールでデータの分析をします。 3年生では統計ツールを利用した少し高度な分析法を学びます。こうして分析力を付け、自らが興味のあるデータの分析へと学びを進めていきます。分析した結果はゼミ内で発表して議論を深め、卒業研究に向けて分析力を磨いていきます。

これまでの卒業論文・研究論文のテーマ例
  • 多変量解析に基づく企業間比較モデル
  • 統計学から見るプロ野球 ~真の打者評価とは~
  • データからみえる女性の社会進出による社会的問題点
  • 株価変動の統計的分析
  • レコード業界売り上げの低迷と社会的因果関係
  • 今後日本企業が進出すべき国の分析
  • キャリア探索期におけるキャリア・職業選択
  • スギ花粉と天気の関係

1年間の主なイベントスケジュール

05月 新ゼミ生歓迎会
09月 夏合宿(2・3・4年生:ゼミナール論文の準備報告)
12月 クリスマスパーティー
02月 卒業論文発表会・卒業生送別会

OB・OGの就職業界TOP3

金融業(銀行・信用金庫・証券など)
保険業(保険・共済組合など)
不動産業(土地開発・不動産販売など)

学生へのメッセージ

ゼミで扱うテーマは、身近なものから世界的規模のものまで、社会のあらゆる場面で起きている、あるいは起こりうることが対象となります。それらを統計を通して見てみると、さまざまな側面が現れてきます。ゼミ生には広い観察眼を持ち、柔らかな頭で分析する力を身に付けてもらいたいと願っています。

研究成果

社会におけるさまざまなシステムを効率よく作動させるために、数理的なシステムモデルをつくり分析します。不確実なシステムの作用に対して、マルコフ過程という、確率的な要素を取り入れたモデルをつくり解析します。特に、さまざまな場所で見かける行列現象を捉え、効率よく行列を解消する算段を見出す研究を中心に進めてきました。この考え方は、他の種々の現象にも応用できるもので、現在は交通システムの研究に取り組んでいます。

→日本大学 研究情報データベース


ゼミ合宿にて