テーマ
計量経済学を用いたデータ分析

行武ゼミ

分類
担当教員
行武 憲史 Norifumi YUKUTAKE
ゼミの内容
  • 人の思考・感情・行動
  • 数学・統計
  • 環境
  • 福祉・労働
  • 都市
ゼミの特徴
  • じっくり研究型
  • グループワーク型

Q. ゼミではどんなことを研究していますか?

IT化が進み情報が得やすくなった今日、統計分析はますますその重要度を増してきています。統計学的な分析手法は,学術的な世界だけでなく、個別市場の需要予測やスポーツ・娯楽等の分野まで、ありとあらゆる局面で活用されています。一方で、きちんとした統計的知識をもってデータ分析を行える人材はまだまだ少なく,こうした知識を身に着けることは将来にわたる武器になりえます。

本ゼミナールでは、人生の様々な場面で、遭遇する統計学的な数値の意味を理解できる統計リテラシーと、データ分析を通じた経済学的な考察力を身に着けることを目的とします。そのため、データの収集方法や、計量経済学的な分析手法、自身の主張に関するプレゼンテーションなどの、一連のスキルを身につけます。

Q. ゼミの様子は?

2年次には、データ分析に必要な統計学、計量経済学の基礎を身に着けることを目標とし、指定されたテキストの輪読と、パソコンを使ってデータハンドリングについて学びます。

3年次には、これらの知識をもとに、各自が興味を持つ社会における諸問題についての報告を行います。各自の問題意識に基づき、先行文献の調査、関連データの収集を行い、自分なりの統計・計量分析を試み、最終年次で集大成として卒業論文をまとめます。

Q. ゼミの特徴は?

上記のように、データ分析には統計学の基礎的知識がどうしても必要なため、最初のうちは輪読による座学が中心となります。ただ、それだけでは飽きてしまいますので、統計学が用いられたちょっと変わったトピックスの紹介や、皆さんの身近なデータを使ったパソコンによる演習などを織り交ぜ、知識の定着を図りたいと思います。

これまでの卒業論文・研究論文のテーマ例

2018年度からの開講のため、まだありません。

1年間の主なイベントスケジュール

諸行事は,ゼミ生のとの相談によって決めます。

OB・OGの就職業界TOP3

取得者の多い資格

2018年度からの開講のため、まだありません。

学生へのメッセージ

最近、日本においても「実証結果に基づく政策立案(EBPM=Evidence Based Policy Making)」を取り入れる機運があります。EBPMは、統計学的なデータ分析に基づく結果を考慮しながら政策立案をすることですが、この考え方は政策立案だけでなく社会におけるあらゆる場面で役立つものです。ゼミでの研究は決してやさしいものではありませんが、実証結果による意思決定によって人生を豊かなものにできるようにしっかり勉強しましょう。

研究成果

主な研究としては、住宅政策や住宅金融制度、住宅を取り巻く環境が人々の居住行動に与える影響について家計のミクロデータを用いた実証分析を行ってきました。ただし、基本的にはデータがあればなんでやるという姿勢の下、福島第1原子力発電事故が東日本の地価にどのような影響を与えたかといった研究から、フィギュアスケートの審査を通じて主観的な評価におけるバイアス検証といった研究まで幅広く行っています。