澤田充ゼミが「第13回日銀グランプリ」で優秀賞を受賞しました

2017年11月23日(木)に日本銀行本店で開催された「第13回 日銀グランプリ~キャンパスからの提言~」決勝大会で、本学部の澤田充ゼミが優秀賞を受賞しました。

【メンバー】
  • 中瀬 史也(経済学科3年)
  • 奥田 奈々子(経済学科3年)
  • 小田 留理子(産業経営学科3年)
  • 長谷川 文彦(金融公共経済学科3年)
【タイトル】

貧困の連鎖を断ち切れ!!
~SIBを使った貧困家庭の子どもの教育・大学進学プログラム~

 

日銀グランプリは、日本銀行が主催する大学生を主な対象とする金融分野の小論文・プレゼンテーションのコンテストで、第13回大会には、全国の39大学から計112編の応募がありました。

⇒ https://www.boj.or.jp/announcements/release_2017/rel171124a.htm/

澤田ゼミのチームは、小論文での予選を通過し、日本銀行本店で開催される決勝大会へ進出。決勝では、予選を通過した他大学4チームとともに, 日本銀行副総裁を始めとする審査員を前にプレゼンテーション及び審査員との質疑応答を行いました。

小論文の内容に加えて、プレゼンテーション、審査員との質疑応答の内容を踏まえた審査の結果、優秀賞を受賞しました。