• LINE
  • Twitter

テーマ
教育を通して現代社会を考える

奥田ゼミ

分類
教養研究>教育学
担当教員
奥田 智 OKUDA SATOSHI
ゼミの内容
  • 歴史
  • 教育
  • 環境
  • 社会の仕組み
  • 人の思考・感情・行動
ゼミの特徴
  • グループワーク型
  • 資格に直結

Q. ゼミではどんなことを研究していますか?

高度情報社会・超高齢化社会・グローバル社会の進展やAI社会の到来など教育を取り巻く環境は大きく変わろうとしています。
本ゼミナールにおいては、「家庭の教育力の低下」「子どもたちの自尊感情の低下」「不登校・いじめの増加」「学習意欲の低下」「道徳教育の充実」などの教育現場の諸課題について学習するとともに、教育問題が生まれてくる背景にどのような現代社会の諸課題があるのか考察します。

Q. ゼミの様子は?

本ゼミは本年度初めてゼミ生を募集しますが、2年次・3年次においては、個人発表・グループ討議・ディベート等を通して研究を深め、4年次において「研究論文」の完成を目指します。

ゼミ合宿・ゼミ行事等については学生と相談しながら決めたいと思います。

学生へのメッセージ

 高等学校の地歴公民科教員及び教育委員会指導主事等経験を生かして、学校現場の視点で学生の皆さんとともに研究を行っていきたいと考えています。教育に関心のある人,社会の諸課題に興味がある人,そして他者から学び自分自身を向上させようとする姿勢のある人の入室を望みます。
日本大学は全国の大学の中で中学校・高等学校教員を輩出している数は毎年一番多い大学です。将来教員を目指したい学生は大歓迎です。

研究成果

最近の研究しているテーマの1つに「若者の投票行動と小・中・高校における学習歴(討論的な学習・主体的な学習・体験的な学習)の関係性」があります。

→日本大学 研究情報データベース