研究科特別講義

ニチケイの大学院経済学研究科では、さまざまな専門分野から講師を招き、特別講義を開催しています。

対象

本研究科の大学院生
ニチケイの学生
ニチケイの教職員

特別講義一覧(2017年度)

第5回

期日 時間 場所 テーマ
10月27日(金) 16:30~18:00 7号館10階
7105教室
ホーリスティック観の可能性
講師 名古屋大学大学院経済学研究科
教授
角ヶ谷 典幸 氏
講義概要 国際会計基準審議会(IASB)の測定プロジェクトでは、資産負債観と公正価値会計が、収益費用観と歴史的原価会計が分かち難く結びつけられて論じられてきた。このような二項対立的な立場をとる場合、資産負債観から(歴史的原価と公正価値を原則的な測定基準として内包する)混合測定モデルを導出することはできない。かかる問題を克服するために、ホーリスティック観が提案されるようになったと思われる。本講義では、ホーリスティックが提案されるに至った経緯と特徴を説明したい。

第4回

期日 時間 場所 テーマ
10月24日(火) 18:00~19:30 7号館9階
7091教室
銀行のリスク管理体系とリスク計量方法
講師 データ・フォアビジョン株式会社データサイエンス部 部長
松本 崇 氏
講義概要 大抵のビジネスには、何らかのリスクを取ることで収益を生み出すという側面がありますが、銀行というビジネスモデルは、まさにリスクが収益の源泉となっています。したがって、自分達がどのようなリスクをどのくらい抱えているのかを把握し、その総量をコントロールすることが必須であり、社会からも要請されています。本講義では、銀行が取っているリスクとそれらの標準的な計測方法について解説します。

第3回

期日 時間 場所 テーマ
7月14日(金) 18:00~19:30 7号館9階
7091教室
「Adverse Selection and Legal Cost: A Justification for Caveat Emptor in the Secondary Market」
講師 専修大学商学部教授
瀬 下 博 之 氏
講師略歴 群馬県出身
1990年3月 上智大学経済学部経済学科卒
1997年3月 慶應義塾大学経済学研究科後期博士課程単位取得
1997年4月 専修大学商学部専任講師、同助教授を経て現職
学位 博士(経済学)
講義概要 取引法におけるデフォルトルール(任意規定)として、買い手責任と売り手責任の問題を考える。新規に販売される商品については、製造物責任によって売り手が取引する商品の品質について売り手責任が強行規定として採用されている。しかし、住宅や自動車などの耐久財の中古市場では、英米のように買い手責任が任意規定の国もあれば、日本のように瑕疵担保責任を規定することによって、売り手責任が任意規定となっている国もある。本稿は、中古市場の買い手責任と売り手責任のいずれが中古市場の取引ルールとして望ましいのかを、理論的に検討することを目的としている。
こちらは終了しました。ご来場ありがとうございました。

第2回

期日 時間 場所 テーマ
7月12日(水) 19:40 ~21:10 7号館9階
7091教室
税による社会貢献と租税法律主義
講師 税理士(東京税理士会神田支部)
金 森  勝 氏
講師略歴 平成24年7月 杉並税務署長
平成25年7月 東京国税局 総務部 総務課長
平成26年7月 東京国税局 課税第二部 次長
平成27年7月 渋谷税務署長
平成28年8月 税理士
平成29年4月 愛知学院大学大学院商学研究科 講師
平成29年4月 中部租税法研究会 講師
講義概要
  1. 税による社会貢献・・・税とはどうあるべきか
  2. 税務行政から見た租税法律主義・・・執行面から租税法律主義をどう考えるか
    →実例を元に法律を理解する力を養成
  3. 納税者救済・・・最高裁判決を実例に税務行政の判断が必ずしも適正でない場合 の納税者救済
  4. 税務訴訟から考察する課税要件・・・課税要件事実の基準・判断のポイント
  5. 国際課税の考察・・・現状の諸問題
こちらは終了しました。ご来場ありがとうございました。

第1回

期日 時間 場所 テーマ
7月11日(火) 18:00~19:30 7号館9階
7091教室
The Pension Reform of Hungary
講師 コルビヌス大学経済学部 専任講師
Peter Vekas 氏
講師略歴 Qualifications
2014-

PhD candidate, CUB Doctoral School of Economics
(title of thesis: Modeling longevity risk, to be defended in March/April 2017),

2007-2009

doctoral studies and final examination,
CUB Doctoral School of Economics

2002-2007 MSc in Economics,
CUB Faculty of Economics, with a specialization in Finance,
a major in Actuarial Science and a minor in Stochastic Methods
2005-2006 University of Groningen, the Netherlands,
MSc in Econometrics, OR and Actuarial and Actuarial Studies (Erasmus exchange student for 1 semester)
Work experience
2010-

lecturer,
CUB Department of Operations Research and Actuarial Science

2014- research fellow,
Strategic Interactions Research Group of the Hungarian Academy of Sciences,
2015- external lecturer,
Mathias Corvinus Collegium
2013 lecturer,
University of Groningen, the Netherlands
2009-2012 actuary,
CIG Pannonia Life Insurance Corporation
講義概要 ハンガリーの過去20年に及ぶ老齢年金制度改革の概要、問題点に関して講義する。特に第2層の職業別付加的年金制度の改廃に関してその背景・問題点を考察する。同氏は平成29年度経済学部客員研究員として招聘予定。
こちらは終了しました。ご来場ありがとうございました。