• LINE
  • Twitter

選抜のポイント

日大経済の主な選抜制度「一般選抜」と「総合型選抜」のポイントをまとめました。

一般選抜

3方式7種の選抜。得意分野に合わせて選べば、合格のチャンスが広がります。
→ 詳細はこちら

A個別方式
経済学部オリジナル問題
受験機会は<第1期><第2期>の2回
3教科で受験
全学科・コースを志望可能
N全学統一方式
日本大学オリジナル問題
同一試験日・同一問題で複数の学部・学科間の併願が可能
受験機会は<第1期><第2期>の2回
<第1期>は3教科、<第2期>は2教科で受験
※第2期では、経済学科国際コースは志望できません。
C共通テスト方式
大学入学共通テストを利用
受験機会は<第1期><第2期>の2回
<第1期>は3教科型・3科目数学得意型  <第2期>は2教科型で受験
※第2期では、経済学科国際コースは志望できません。
一般選抜のポイント

外部の英語資格・検定試験のスコアをお持ちの方へ

経済学部A個別方式第1期・第2期において、外部の英語資格・検定試験のスコアを本学部所定の換算基準により、外国語の得点として利用することができます。スコアを提出した場合は、本学部の外国語の試験を受験する必要はありませんが、外国語の試験を受験した場合は、高得点の方を合否判定に使用いたします。なお、各資格・検定試験実施団体の定めるスコア等の有効期限が出願締切日以後のものに限り有効とする。

数学が得意なら、N全学統一方式<第2期>かC共通テスト利用方式<第1期:3科目数学得意型>が狙い目!

基本的には外国語と国語に選択科目をプラスした3教科受験が主となりますが、例えば数学が得意なら、N全学統一方式<第2期>で外国語と数学の2教科で受験、またはC共通テスト利用方式<第1期:3科目数学得意型>で外国語と数学2科目の3科目で受験すれば、最も力を発揮できることになります。

経済学科国際コースを志望の場合は、外国語(英語)を含む3教科受験が必須のため、A個別方式<第1期・第2期>・N全学統一方式<第1期>・C共通テスト利用方式<第1期>のいずれかを受験する必要があります。

 

総合型選抜

スタイルに合わせて選べる2方式。「日大経済で学びたい」という熱意が決め手です。

論文・プレゼンテーションによる選考

通称「プレゼン型」。学力だけでなく、問題発見・解決を実現する総合力を持つ人を求めています。第1次は「書類審査」「小論文」、第2次は「プレゼンテーション(研究発表)」にて選考します。
→ 詳細はこちら

資格取得者を対象とした論文による選考


通称「資格取得型」。日大経済指定の資格検定試験に合格した、普段から努力を惜しまない人を求めています。第1次は「書類審査」「小論文」、第2次は「小論文」「面接」にて選考します。
→詳細はこちら

総合型選抜のポイント

夢に向かって学ぶ意欲を持っているなら、プレゼン型がおすすめ!

まずは日大経済を知ることが第一歩。夢を実現するために日大経済で学びたいと思ったら、総合型選抜(プレゼン型)がおすすめです。自分を高めたいという向上心、社会の課題を解決したいという意欲は、学力試験だけでは判断できません。日大経済は、あなたの「夢に向かう姿勢」を評価します。