経済学部ロゴ  
日本大学経済学部図書館
トップ 概要 開室日程 利用案内
本や雑誌・論文をさがす 経済学部EDS オンラインデータベース・電子ジャーナル 電子ブック
 
先生からのおすすめ本

人間とは何かを知るための本

経済学部分館運営委員会
運営委員
清水 純

 私たち人間はなぜ毎日毎日とりとめのないおしゃべりを繰り返しているのでしょうか?また、人間の社会ではなぜもめごとや争い・戦争が絶えないのでしょうか?人はどうして何百万・何千万人も集まって大規模な社会を作ろうとするのでしょうか?
最近の人類学の研究成果は、ヒトとヒトの作る社会の謎に関するこうした疑問への答えを示してくれるようになりました。
以下に挙げた本は、人類学の最新の研究成果について教えてくれます。そして、私たちヒトがもっている独特のくせや性質の意味を解き明かしてくれます。一見意味のない仲間とのおしゃべりに時間を費やす日々がある一方で、ヒトの社会に争い事や戦いがなくならない日はない、そんな現在のヒトの在り方を生み出したのは人類進化の必然でもありました。
グル―バル化した現代に、人類がどうすれば平和的に繁栄し、共存していけるのかを考えるために、学生のみなさんにぜひ手にとって読んでほしい本です。


(1)ロビン・ダンバー『人類進化の謎を解き明かす』 2016
ISBN:9784772695510

(2)西田正規『人類史のなかの定住革命』講談社学術文庫 2007
ISBN:9784061598089

(3)ロビン・ダンバー「友達の数は何人?‐ダンバー数とつながりの進化心理学」 2011
ISBN:9784772695244

(4)ロビン・ダンバー『ことばの起源‐猿の毛づくろい、人のゴシップ』新装版 2016
ISBN:9784791769407

<<戻る

 

Copyright 2009 Nihon University College of Economics. All rights reserved.