ゼミナール

100以上の多彩な専門分野を掲げたゼミナールから、
興味・関心にフィットするものを見つけましょう。

ゼミナールとは

ゼミナール(略してゼミ)とは、少人数の学生が先生を囲んで討論を重ね、研究していくグループ学習のこと。先生の話を聞く「講義」とは違って、学生が主体的に意見を出し合いながら学びます。先生や先輩との距離も近く、所属する学生は「ゼミ生」と呼ばれます。

ニチケイのゼミは、100以上(単年度ゼミ含む)。経済学・経営学を中心とした「専門研究」から、文化・教育・言語学などの「教養研究」まで、多岐にわたる分野から自分に合ったゼミを選べます。フィールドワークや他大学との交流など、各ゼミが個性ある活動をしています。

  • 1年次

    基礎研究
    約20人のクラスに振り分けられ、資料の集め方・レポートの作成方法など、研究の基本スキルを身に付けます。
  • 1年次後半

    入室試験
    1年生の後半になると、説明会や模擬ゼミを通して希望のゼミを探し、面接などの入室試験を受けます。
  • 2-3年次

    調査・研究・発表
    ゼミに所属したら、先生や先輩と共に研究を進めます。ひとつのテーマを深く学べるだけでなく、リサーチ力・企画力・プレゼンテーション力など、社会で役立つ即戦力が養われます。
  • 4年次

    卒業論文
    4年生では、それまでの学びをフル活用して自身が決めたテーマを研究。卒業論文または研究論文を仕上げます。

検索結果

研究テーマ別に探す