最適化問題の解決をめざす

テーマ
複雑系シミュレーション

寺沢ゼミ

分類
専門研究>経済学科>経済理論プログラム 専門研究>産業経営学科>経営情報プログラム
担当教員
寺沢 幹雄 Mikio TERASAWA
ゼミの内容
  • 情報
  • 数学・統計
  • 社会の仕組み
  • 経済の仕組み
ゼミの特徴
  • グループワーク型
  • 資格に直結

Q. ゼミではどんなことを研究していますか?

社会や家庭などの実生活では、決められたお金・人材・時間の制約の中で、最も効率的に成果を上げることが求められます。このような「最適化」の問題を、コンピュータによるシミュレーションで解決するのが研究の狙いです。身近な例としては、学校に着ていく服を考えたり、ランチメニューを選んだり、アルバイトの日時を申請したり、就職先を検討したりと、生活の中では常に何らかの最適化をしています。ゼミでは、各自で設定した身近な経済・社会現象を分析し、最適化問題を解決することを目的とします。

インターネットで大量のビッグデータが容易に得られる現在では、分析のための手法やツールがたくさん提案されています。一歩進んで、今後の予測を立てるためには、現象のモデル化とシミュレーション手法の開発が必要になります。このため、分析手法の基礎知識を学び、シミュレーションのためのプログラミングスキルを身に付けます。

Q. ゼミの様子は?

JavaScriptなどのコンピュータプログラミングのスキルを身に付けた後、複雑系・機械学習・人工知能などのビッグデータ分析の基礎知識を学び、各自のテーマに沿って研究を進めます。研究テーマの選択に制約はありません。コンピュータを使った作業を伴いますが、スキルの差があっても、ゼミ生同士でお互いに助け合いながら作業を分担し、グループ課題に取り組んでいます。ゼミ生の主体性・自主性を尊重しており、自由な雰囲気です。

Q. ゼミの特徴は?

2年生・3年生・4年生が一堂に会し、先輩が後輩を指導するというやり方でゼミ活動を進めています。社会の縮図である集団活動をすることで、コミュニケーション力が上がり、学生同士の絆が深まると同時に、責任感・信頼感が育まれます。また、実社会でも通用するコンピュータの知識とスキルを身に付けるために、ITパスポート・基本情報技術者などの情報処理の資格取得を推奨しています。

これまでの卒業論文・研究論文のテーマ例
  • ライブハウスにおける有限要素法を用いた音響設備の最適配置
  • シェアリングエコノミーを日本に普及させる上での問題と改善提案
  • ホテルでの会話における日英自動翻訳のための決定木を使用した主語補完
  • ハイブリッドGA及び単純GAの時間割作成問題への適用と有効性評価
  • 遺伝的アルゴリズムにおける就職活動での最適な戦略のモデル化
  • 販売形態を考慮したハイターゲットトイの市場拡大提案
  • アメリカの銃規制におけるアイスランド方式の適用

1年間の主なイベントスケジュール

04月 新ゼミ生歓迎会
08月 夏合宿
12月 懇親会
01月 卒業生送別会

OB・OGの就職業界TOP3

金融業(銀行・信用金庫・証券など)
情報通信業(通信・マスコミ・インターネットサービスなど)
流通業(商社・百貨店・量販店など)

取得者の多い資格

  • ITパスポート試験
  • 基本情報技術者

学生へのメッセージ

このゼミでは、コンピューターや分析手法の知識を基に、幅広い経済・社会現象を分析します。応用分野は無限に広がっています。このため、世の中の新しいことに常にアンテナを張り、さまざまなことに対して好奇心を持ってください。そして、世の中の評価が本当に正しいのかどうかを先入観なく客観的に判断するために、常に批判的な目で現象を追求するように心掛けてほしいと思います。

研究成果

サービスを科学的に記述し、よりよいサービスを開発することを目指した学問を「サービス学」といいます。これは、サービスマーケティング・サービスマネジメント・サービス工学・サービスサイエンスなどのさまざまな分野の研究を統合する文理融合の研究分野です。

サービス学においては、多様な背景を持つ人間の行動に起因する事象を扱うため、本質的に確率的表現法が必要とされます。特に近年では、SNSやオンラインショッピングなどのサービスにおいて、ビッグデータの確率的な情報処理がますます重要になっています。追加条件によって確率分布を更新することで予測精度を向上させる「ベイズ統計手法」を利用することで、推薦システムなどの実用的な成功事例がありますが、知識や意思決定の構造自体が変化する現象を説明するには不十分です。サービス学において、このような場合も扱うことのできる、より柔軟な表現方法を追求することを目的として研究を進めています。

→日本大学 研究情報データベース


勉強した論文・文献についてのプレゼン風景


プログラムの練習でゲームをつくっています