• LINE
  • Twitter

経済学科国際コース

経済学科国際コースで学ぶこと

経済学科国際コースでは、「経済学の知識と実践的な英語力を備え、変化の激しい経済社会で国際的に活躍できるビジネスパーソン」を養成します。国際的なフィールドで活躍するために、経済学を英語で読み解く力と、コミュニケーションツールとして求めらる英語運用能力を段階的に身につけます。英語があまり得意でない人にも、英語専任教員がきめ細かくサポートするのが特徴です。
→経済学科国際コースの授業

経済学科国際コースのカリキュラム

Micoreconomics、Macroeconomics、International Economics、Economic Developmentといった経済の知識を英語で学習。ネイティブスピーカーの教員による少人数のクラスで、生きた英語を学びます。さらなる国際感覚を身に付けられる第2外国語科目も充実しています。
→経済学科国際コース カリキュラムの体系(PDF)

経済学科国際コース 5つの特色

卒業単位の約1/2が「英語で学ぶ経済学科目」+「英語関連科目」

卒業要件単位の約1/2が「英語で学ぶ経済学科目」+「英語関連科目」。グローバル社会で求められる専門知識と語学力がしっかり身につきます。

eポートフォリオと個人面談で学習指導

学習ポートフォリオと個人面談により、英語専任教員が学習方法のアドバイスや留学相談を行っています。

少人数クラスでの英会話

少人数クラスで学ぶため、自然と発話・会話の機会が増え、英会話能力が向上します。

英語で経済を学ぶ

経済を英語で学びながら英語で思考し、自分の考えを発信できるようトレーニングします。

留学サポートも充実

TOEFL・IELTS対策科目や、長期留学を経験した先輩による講演会・相談会など留学サポートも充実しています。

こんな人には経済学科国際コースがおすすめです!

グローバルに活躍することを目指すなら、経済学科国際コースが最適です。経済と英語の両方を深く学べ、日本にいながら国際感覚を養えます。
● 少人数クラスで英語による経済学の授業を受けたい人
● 十分な語学力と異文化適応能力を身につけたい人
● 英語を習得し、グローバルな視点で活躍したい人
● 外資系企業や商社で活躍したい人

留学・語学研修に興味があるなら

経済学科国際コースでは、留学・海外研修を積極的に奨励しています。サマープログラムでは、日常生活や学習を通してネイティブスピーカーと触れ合い、語学力を養います。長期留学では、語学力を高めるとともに、現地の大学で経済学などを学ぶことができます。国際コースからは、これまで多くの学生が留学・海外研修に参加し、貴重な学びとかけがえのない体験を得ています。
※新型コロナウイルス感染拡大を受け、2020年度、2021年度はすべての留学プログラムを中止しました。今後の実施については決まり次第お知らせします。