図書館サークル・イベント

図書館サークルの活動、またイベント情報をまとめました。

年で絞り込む
2016
2017
2018
2019
2020
2021
2022
カテゴリーで絞り込む
図書館サークル
選書ツアー
イベント

坂野徹教授公開講座『薔薇の名前』上映会を開催しました

7/5(火)に、図書館サークル企画イベント「坂野徹教授公開講座『薔薇の名前』上映会」を開催しました。
科学史の坂野徹先生と英語の杉藤久志先生に、映画について原作者について解説していただき、1年7か月振りのイベント開催となりました。
図書館サークルは3名の新入部員を迎えて賑やかになっています。

(更新)学生選書ツアーを開催しました

11月9日(月)~11月17日(火)に、学生選書ツアーを開催しました。
昨年度までは書店で開催していましたが、今年度は新型コロナウイルス感染症を考慮して、 初めてオンラインで電子ブックを選書する方法で開催しました。
 

11月17日(火)に、図書館1階のラーニングコモンズのスペースをつかい、オンライン選書ツアーの交流会を開催しました!
それぞれが選書した本をテーマにPOPを作り、プレゼンを行い、櫻井先生から講評をいただきました。
オンラインでの選書は、例年と選ぶポイントが異なったり、選べる書籍の幅も違ったりと新鮮な経験になりました。
それぞれが作ったPOPも個性あふれる、こだわりの詰まった一枚になりました。
このようなご時世だからこそ、家にいても視野を広げていくために本を読む有意義な機会となりました。

学生が選書した本は、オンライン電子書籍、KinoDenとLibrariEにてスマホ・PCのどちらともから閲覧・利用可能です。

ルーヴルの名画はなぜこんなに面白いのか
シェアする美術 森美術館のSNSマーケティング戦略
帝都防衛
アンネ・フランクの記憶

※現在『KinoDen』はiOSで利用できません。

図書館では、選書ツアーや、トークイベント、映画の上映会などのイベントを定期的に開催しています。図書館のウェブサイトや図書館サークルのTwitterでお知らせしますので、ぜひご参加ください。
また、図書館のイベントの企画や図書館の活動に参加・協力する学生を募集しています。趣味は読書! 図書館が好き! イベントを企画したい! そんな方はお気軽にお問い合わせください。

Twitter: https://twitter.com/nuce_library_c

LINE: https://lin.ee/oqgJ6SO

12月18日(水)に開催された『学生協働ワークショップin 東京2019』に参加しました

学生協働ワークショップは8大学9団体が集まり,東京大学の総合図書館のラーニングコモンズのスペースで行われ,開会式の後,まず各団体が3分ほどの持ち時間で自己紹介を行い,用意してきたポスターを展示し,自由に見学する時間がありました。このとき,他大学の学生や職員の方々と直接お話しすることができたので,ポスターの中の興味を持った活動について質問し,会話が盛りあがりました。

次に職員も学生もまざったグループごとに分かれて学芸大学の学生協働団体の方々がご用意してくださったワークショップを行い,「活動していて嬉しさを感じるとき,悲しさを感じるとき」,「活動のポジティブポイント,ネガティブポイント」そして「図書館とは何か?」といったテーマをグループでディスカッションしていきました。最後の「図書館とは何か?」についてはグループごとに発表を行い,それぞれが自分たちの活動と真剣に向き合う時間になりました。
学生協働ワークショップで,他大学との交流を通してまず一つとして同じ活動をする団体がなかったことが印象的でした。活動に対して報酬があったり,イベントを開催する団体や,学生への教育のサポートを行なっている団体など図書館を中心に様々な角度から運営されていることがわかりました。後半に行われたワークショップでは,他大学生や教職員の方との交流を通してそれぞれの団体が抱える問題の中には共通する悩みがあることや,活動を通して嬉しかったことを共有することができました。学生協働で出来ることは多岐に渡り,それぞれが図書館と私達,そして利用者を繋ぐ存在になれるようより一層新しい活動に挑戦していきたいと思いました。(K)

学生協働におけるグループワークでは所属も学年もバラバラなグループに分かれて学生・職員が混じって3ラウンドに分けてメンバーをシャッフルしながらディベートを行い,これまでの活動にてやり甲斐を感じたことや,活動におけるポジティブ・ネガティブポイント,自分たちの魂のキーワード等を話し合い,大きな紙にまとめて見せあったりとこれまでの大学生活の中でも斬新な体験が出来ました。また東大生の方から経済学部の図書館サークルの活動について上映会の開催,学生選書のポスター,POPの作成,メンバーの増員に向けての企画を厳しい意見を交えつつ褒めて頂けたり,東大の職員の方の裏話や近況を伺えたりなど,光栄で忘れられない貴重な時間が出来ました。(A)

東京大学本郷キャンパス図書館にて開催された「学生協働ワークショップ」
学生協働という図書館における新しい活動を実践してる各大学の代表が集い,各自の活動や成果を発表した。学生協働の活動の形は各大学で千差万別であり,我々とは全く違う活動形態に大いに参考点を見出すことができた。
各自の発表の後に開催された「ワールドカフェ」
これは提示される抽象的なお題に対し,数人が大きな画用紙に自由に考えを描きながら議論を広げるというものだった。他大学の学生と交流を持ち,尚且つ議論を行うことは一般的に難しく,そういった意味で貴重な経験を得る事ができた。(S)