• LINE
  • Twitter

テーマ
数理統計学

生亀ゼミ

分類
教養研究
担当教員
生亀 清貴 IKI Kiyotaka
ゼミの内容
  • 情報
  • 経済の仕組み
  • 社会の仕組み
  • 企業の仕組み
  • 数学・統計
ゼミの特徴
  • じっくり研究型

Q. ゼミではどんなことを研究していますか?

 近年、統計学という学問が大変注目されており、様々な解析ソフトを用いてデータ解析が行われるようになりました。しかし統計学の理論を十分に知らずに解析ソフトを使う場合、全く意味のない解析を行ってしまったり、誤った解析結果を広めてしまう危険性があります。世の中に氾濫するデータに、逆に踊らされるという結果にもなりかねません。したがって、統計学の数理的な側面を理解することで、統計的な思考力を養い、統計リテラシーを身につけることが肝要です。以上より、本ゼミナールでは数理統計学をしっかり、そしてじっくり学んでいくことを目的としています。

Q. ゼミの様子は?

2、3年次は数理統計学に関するテキストを輪講形式により読み進めていきます。テキストの内容を分割して学生に割り当て、学生は担当箇所の行間を補い解説を行います。それに対する質疑応答を通じて、理解を深めていきます。4年次はこれまで学んできたことを活かして、各自が興味をもつテーマに沿って実際にデータを収集し、統計解析を行い、得られた結果をもとに論文作成を行う予定です。

Q. ゼミの特徴は?

統計学は数学をベースとした学問であり、その数学について特に深く学ぶゼミになります。数学は定義から定理を導くなど、論理を積み上げることで議論が行われます。「なんとなく」や「たぶん」は通用しません。したがって、ゼミに参加することで、たしかな論理的思考力を養うことが可能です。

これまでの卒業論文・研究論文のテーマ例

2020年度より開講のため、まだありません。

2020年度より開講のため、まだありません。ゼミ生の希望に応じて、適宜決めていきたいと思います。

2020年度より開講のため、まだありません。

学生へのメッセージ

自分が興味あることを満足いくまで調べ、学ぶことが許されるのは、人生において大学生までです。企業に就職してからは、企業の利益となることしか仕事になり得ません。また、趣味として行うにも時間的な制約がつきまとい、なかなか難しくなります。是非とも、大学では悔いの残らないよう気の赴くままに勉学に打ち込んで下さい。

研究成果

数理統計学の中でも多変量解析や分割表解析に取り組んでいます。分割表解析では主に2つの変数が独立かどうかに注目して解析が行われますが、2つの変数の分類が同じ場合、統計的独立性は成り立たないことが多く、代わって対称性に興味が移ります。これまでは主に対称性に関する理論モデルや尺度を構築し、それらを現実のデータにあてはめることで、新たな知見を生み出してきました。今後は、経時的な変化を表すデータに対して、より解釈が容易な理論モデルの構築と、実データの分析を目的としています。

→日本大学 研究情報データベース