• LINE
  • Twitter

テーマ

丸田ゼミ

分類
専門研究>経済学科>経済理論
専門研究>経済学科>経済政策
担当教員
丸田利昌 Maruta Toshimasa
ゼミの内容
ゼミの特徴

Q. ゼミではどんなことを研究していますか?

「経済学的な考え方を身につける」とはどういうことだろうか。このゼミで学ぶミクロ経済学・ゲーム理論に限って言えば、それは社会で生じる事柄について「理にかなった」「筋道の明確な」議論を展開するチカラを獲得するということだ。また「使える英語」とは何だろうか。「聞く」「話す」能力は確かに重要。だが、だからといって「読む」「書く」能力が劣っていてよいわけではもちろんない。特に、「読む」チカラについては、わが国の大学受験を経た諸君は、その基礎をすでに身につけている!

このゼミは、二兎を追う。経済学・ゲーム理論、または関連する諸分野について、英語で著された文献やweb上のリソースを通じて学習し、経済学的な考え方を修得すると同時に、英語を「読む」「書く」チカラを保持し、さらに伸ばしていく。目標は、英語で書き、プレゼンテーションを行うこと!

Q. ゼミの様子は?

平成31年度から開講。はたして?

Q. ゼミの特徴は?

二兎を追わなければ、二兎は得られない。

これまでの卒業論文・研究論文のテーマ例
2018年度からの開講のため、まだありません。

学生へのメッセージ

学部で社会学、国内大学院でシステム科学、(含:社会的選択理論の独学)、そして米国大学院でゲーム理論を学びました。数学や哲学も好きです。その他を含めいろいろな分野を覗いてきた経験から言います。学生諸君、口当たりのいいものより、歯ごたえのあるものを選んだ方がよいと思います。

→日本大学 研究情報データベース