• LINE
  • Twitter

これからの税の在り方について考える

テーマ
租税政策論

岡根ゼミ

分類
専門研究>経済学科>経済政策
専門研究>産業経営学科>会計・ファイナンス
担当教員
岡根 秀規 Hideki OKANE
ゼミの内容
  • 経済の仕組み
  • 社会の仕組み
  • 企業の仕組み
  • お金の流れ
  • 人の思考・感情・行動
ゼミの特徴
  • グループワーク型
  • 資格に直結

Q. ゼミではどんなことを研究していますか?

我が国の租税制度は、経済社会の変化に伴い、これまで多くの変遷を遂げてきました。本ゼミでは、今後の我が国の経済社会を展望し、今後どのような税制が望ましいのか、いろいろな方面から研究をしていく予定です。税は、経済社会全体にも大きな影響を与えていますが、企業や消費者の行動にも相互に影響し合っています。経済学部の学生として、租税の在り方を深く学ぶことは、将来において就職等で社会に出た際にも、また、大学院に進学した際にも、極めて有効性の高い活動であると考えられます。本ゼミは平成31年度から開始されますが、租税に関心の高い学生とともに大いに議論をしたいと思っています。

Q. ゼミの特徴は?

租税になじみ、税に関する知識を深めることは、将来において、税務職員や税理士などの税務に関連した職業に就く際にも有効な活動であると考えます。もちろん、企業に就職した際にも、税務や会計学の知識は仕事に大いに役立つことでしょう。こうしたことから、ゼミ生の卒業後の進路についても考慮した上で、租税制度や税務行政に関する知識が一層深まるようゼミを進めていきたいと思います。