米澤聡士教授が「第27回日本海運経済学会賞」を受賞しました

米澤聡士教授の著書『人的資源のグローバル統合-外航海運業の船員戦略』(平成30年5月出版、文眞堂)が、平成30年10月20日に、日本海運経済学会より「第27回日本海運経済学会賞(著書の部)」を受賞しました。

『人的資源のグローバル統合-外航海運業の船員戦略』は、米澤教授による国際人的資源管理の研究成果をまとめ、外航海運業の船舶オペレーション現場に従事する船員のマネジメントを対象に、「人的資源のグローバル統合」の概念的枠組を、業種および職種レベルで精緻化したものです。

米澤教授が約10年間にわたり実施した、海運企業や海事行政機関、船員教育機関等に対するインタビュー調査と、船舶のオペレーション現場での参与観察に基づく事例研究によって、結論の導出を試みた研究方法が評価されました。

なお同著は、平成30年度経済学部学術出版助成の対象となっています。

http://www.jslse.jp/prize.html