• LINE
  • Twitter

令和3年度新入生に向けた学部長式辞

 新入生の皆さん、このたびはご入学おめでとうございます。
 
 まずは、高校生活で努力した証として、無事に日本大学経済学部に入学できたことを誇りに思ってください。本来なら、皆さん一人一人の顔を見て、希望に満ちたまなざしを感じ取ることができる機会なのですが、残念ながらこのような形式でのあいさつとなってしまいました。
 
 これからしばらくは、一部を除いてオンライン形式での授業が多くなります。「高校では、ふつうに対面授業ができたのに、なぜ大学の授業はオンラインなの?」という疑問を抱いている人も多いと思います。大学は高校に比べて規模が大きく、行動範囲も広いので、満員電車での通学は、とても大きな感染のリスクを伴います。このため、皆さんの安全を最優先に考えた上での苦渋の選択と理解してください。
 
 そうは言っても、友達もできずに寂しい思いをするのでは、という不安もあるでしょう。この不安を解消するために、さまざまな支援策と、安全に配慮したイベントなども計画しているので楽しみにしていてください。
 
 ワクチンの投与が開始されたので、もうしばらくの辛抱です。皆さんの忍耐力でコロナ禍を封じ込めましょう。
  
 オンライン生活が続くと、自由に使える時間が多くなります。在学生の中には、この時間を有効に活用して、とても難しいと言われている公認会計士の資格試験に3年生で合格した人もいます。要は、チャンスを生かすも逃すも自分次第ということです。もしも、特にすることが見つからない、ということであれば、自由な時間を利用してたくさんの本を読むことをおすすめします。私自身の経験からも、多感なこの時期に、いろいろな人の考え方や知識に触れることは、今後の人生においてとても大きな財産となるはずです。
 
 最後に、皆さんは、日本大学建学の精神をご存じですか。「自主創造」といいます。
意味は、この文字から自分なりに解釈してもらいたいと思いますが、コロナ禍での行動が実践の場となることは間違いありません。それでは、対面授業や自由なゼミ活動、サークル活動が再開されたときに、皆さんが解釈し、実践した「自主創造」の答えを聞かせてもらうことを楽しみにしています。
 

令和3年4月2日
経済学部長 小梛 治宣